rinkoro37’s

自由な生き方を目指すべく日々精進、時々グダグダ…ライフログ的なBlogです。

お酒の記憶

みなさま、こんばんは✩

今年もあと4日ちょっと。

いかがお過ごしでしょうか?

 

昨日、お酒を安く買ったことを書きましたが、

そのお酒は正月用のため、

ウイスキー以外は実家に置いてきたんです。

そしたら今日父からメール↓↓↓があり

 

『お買い上げのお酒、二本目いただきました』

 

なにーーーッ!?

正月用や 言うたやろーーッ!!(;`O´)o

 

酒呑みの父がもう既に 大吟醸750mlを2本目に突入するという暴挙に出ており、

急遽、実家にクレームの電話をかける始末です。

 

 

 それにしても、お酒を楽しく呑めるというのは良いことですね。

 

私は20代の頃、ほとんどお酒を飲みませんでした。

飲み会などでは、チューハイなどを少しは飲みましたが、

それを楽しいともおいしいとも思いませんでした。

飲んだあと、体がだるくなるのは今も変わらないけれど、理由はそれではなく、

20歳そこそこの頃の飲み会が原因。

 

看護学校に行っていたころ、

同級生の女の子と飲み会に行ったところ、

みんなタバコを吸って(私は非喫煙者)

苦しくなるような空気の中で、

聞く話は他人の悪口や彼氏の批判などなど、

全然楽しいと思えない状況でした。

他にも知り合いに誘われた合コンや

会社の飲み会なども

目の前でタバコをスパスパ吸われてたり、

下世話な話をされたり

お酒を飲む場=ストレス になっていました。

だから、お酒がおいしいとも思えなかったし、楽しめなかった。

 

アラサーになって、お酒が飲めるようになったのは、

出会う人や友達が変わったこと。

外での飲み会も楽しいけれど

ホームパーティーに何度も誘ってくれて、

そこでの手作りのおいしいたくさんの料理と、お酒と、

なんでも話せる雰囲気がとっても楽しかった✩

それ以来、飲み会が楽しめるようになったし、

会社の飲み会でも苦ではなくなった。

社会人でお酒の付き合いが

ストレスになってる人も多い中、

自分にとってはとても良い変化だ。

 

人が作り出す環境というか、

人の影響というのはとても大きくて、

いろんな良い変化は、本当に友人のおかげだ。

 

心から周囲の人間に感謝して 

年末年始、楽しいお酒が飲めそうです☆

暴飲暴食には注意して、

みなさんも楽しく忘年会、新年会をしてくださいね

 

 

 

<