rinkoro37’s

自由な生き方を目指すべく日々精進、時々グダグダ…ライフログ的なBlogです。

反省するけど後悔しない前向きさ

みなさま、こんばんは✩

すっかり秋ですね。

 

私は食欲の秋を満喫している次第です。

スイーツやらパンやら、おいしいものを食べまくってる今日この頃。

 

女性の方々は経験あるかと思いますが、

女性は月齢のホルモンバランスの影響で、

甘いものが食べたくなったり、塩っぱいものが食べたくなったり、

人によっては、過食になったりと、

食生活がなにかと偏ったりするものです。

 

私も甘いものが無性に食べたくなったり、

どれだけ食べてもなかなか満腹にならない時が、1ヶ月に数日間続きます。

 

食べ過ぎてしまい、『やっちまった』と反省するけど、

何度も同じことを繰り返してしまう。

ヤバいってわかってるのに、食べずにはいられない。

 

 だけど、こういうことだけ、

後悔しない前向きさと、

どうにかする知恵と、

どうにかならなくても「まぁいいや」と開き直れるポジティブさが

うまく働くんですよね(*´罒`*)

それって、やっぱり『食べること』に対する幸福感がそうさせてるんだろうな。

 

苦手なことは、失敗したら後悔の連続と、

どうにもならないと思う、諦めの境地しか見えない。

次にトライしようと思う勇気が失せてしまう。

苦手なことに挑戦してる時も、ワクワクしてやらずにはいられないくらい

幸福感が持てると良いのだか、なかなかに難しい。

だけど、何事にも後悔だけはしたくないですね✩

 

さて、甘いものばかり食べていると

糖分の摂りすぎで腸の動きも悪くなりますし、

肌も荒れるので、努力して

ちょっと控えめにしようと思います。

それに、朝晩冷える時期になってきたので

体を温める甘い飲み物にしよう(๑´ڡ`๑)♡

 

去年の冬までは、

自宅のカプセルマシンでエスプレッソを入れて、

そこにハチミツ、シナモンパウダー、ジンジャーパウダー、ミルクを入れた

なんちゃって『ジンジャーブレッドラテ』が

定番うちカフェメニューでした♡


やけど、今年は『カルダモンコーヒー』にトライ☆

カルダモンコーヒーはインドやトルコなどでよく飲まれている飲み物で、

カルダモンを軽く煮出して、そのお湯でコーヒーを抽出したものなのだとか。

私は、ブラックのコーヒーは自宅では飲まないので、

オリジナルで、

エスプレッソにカルダモンのホールを砕いて入れて、2~3分置いたら、ち

ょっぴりミルクとハチミツをプラス✩

エスニックなラテでおいしい♡

それに口の中に広がるカルダモンの爽やかないい香り(๑´ڡ`๑)♡

 

マスコット カルダモンパウダー 22g

マスコット カルダモンパウダー 22g

 

 

Mielizia(ミエリツィア) イタリア産オレンジの有機ハチミツ(純粋) 400g

Mielizia(ミエリツィア) イタリア産オレンジの有機ハチミツ(純粋) 400g

 

 

カルダモンの種子は生薬『小豆蒄』、

健胃作用があって、消化を助けてくれる。

他にも、駆風(腸に溜まったガスを排出)、

口臭予防などの作用もある。

 

コーヒーは口臭がキツくなるから、

カルダモン入れるのちょうどいいですね。

インドカレーやチャイなどお料理にも使われるし、

アーユルヴェーダでも処方薬として使われていたり。

医食同源な使い道。奥が深い。。。

 

ハーブやスパイスは、サプリメントアドバイザーの資格を取るときに

少し勉強したのだが、

だからといって、しっかり覚えられたわけでもなく、

味や香りがわかるわけでもない。

海外のお料理には、ハーブやスパイスが使われているのも

結構あるし、カレーもスパイスがたくさんで

徐々に身近なものになってきているのだと思う。

だけど何がどの味とかよくわからないし、身近なようでいて、

実は使いこなせてないなぁ。

 

「男の価値は本棚の中身で、女の価値はスパイス棚の中身で決まる」

 

ヨーロッパの古い格言です。

イマドキこれってどうなの?! って思う内容やけど、

スパイス棚にいろんなスパイスをそろえて、

お料理や体調に合わせて使いこなせたら

デキる女性やなぁと思う。

 

もっともっと知りたいし、使いこなしたい( ・ㅂ・)و ̑̑

 

私って、食べ物に関する知識には貪欲で

すごく前向きなんだよね。

好きなことだけやけど(笑)

f:id:rinkoro37:20181011233221j:image

 

いちばんやさしい スパイスの教科書

いちばんやさしい スパイスの教科書

 
スパイス完全ガイド 最新版

スパイス完全ガイド 最新版

 

 

 

<