rinkoro37’s

自由な生き方を目指すべく日々精進、時々グダグダ…ライフログ的なBlogです。

人間関係

 

皆さま、こんばんは!

お元気でしょうか?

もう9月ですね。

1年があっという間に過ぎてしまいますね。

 

私は新しい環境にきて、1ヶ月以上が過ぎました。

いろんなことに楽しめているけれど、

かなりストレス溜まることもある。

一見、外側から見れば、

うまくいってるように見えてるのかもしれないけど、かなりガマンと緊張を強いられる。

原因は、近くにサイコパスっぽい人間がいること。

 

サイコパスって聞くと、猟奇的な人とかイメージされるかもしれないけど、

そんな感じじゃなくて、

外ヅラは良く、結構、口達者で魅力的に感じる人で、

最初は感じのいい人やなぁって思ってた。

だけど、、徐々に本性が見えてきて、、、

年上の人には『そうですねー』って作り笑顔で共感しているかのような受け答え。

年下の人間には、共感することが少なく、平気で自分の常識を押し付けてくるかのような冷淡な回答。

だけど、こっちがあからさまにイヤな表情すると、その後はやたら、作り笑顔でかまいに来る。いつも口は笑ってるけど、目が笑ってない。それでいて、善人ヅラを装うのだ。

その冷淡な性格は、周囲の人間には気づかれてないようだけど、、、

 

仮面を被った人間はどこにでもいるけど、

仮面の下がどんな顔か、知った方がいいのか、

知らない方がよかったのか、

正直よくわからない。

f:id:rinkoro37:20180831230240j:image

ホンマに人間関係って難しいですね。

まああまり深く関わらないようにしよう。

 

良心をもたない人たち (草思社文庫)

良心をもたない人たち (草思社文庫)

 

  

そういえば、この時期になると、

子どもの自殺件数がかなり増えるらしいですね。

夏休みが終わって、

学校へ行かなきゃならないって思うことが、

自殺という行為に走らせるくらいプレッシャーになってるとは、、、

本当に悲惨な状況ですね。

 

この歳になると、

子どもの悲劇はかなり心に刺さるようになり、

「自分で自分の命を断とうとするなよー‼︎」

って心がイガイガしてしまう。

 

自殺する原因は、イジメなどの人間関係や、

勉強についていけないとか色々あると思うけど、

「自殺するより、他の選択肢が絶対ある‼︎」

 

学校の人間関係や環境は、

自ら作った環境じゃない。

たまたま同じ年に同じ学区に生まれて、

自分が望む望まないに関わらず、

与えられた環境。

 

私は、いじめられっ子だったので、

学校にいい思い出はないが、大人になった今、ツライ記憶を思い出すこともない。

(忙しくて、過去の記憶よりも、目の前のことや将来のことを考える時間しかとれない)

当然のことながら、同級生の顔と名前はほとんど覚えてない。

(特に中学から専門学校までの同級生が、ほとんど思い出せない)

もちろん、大人になった今、

特に会いたいとも思わないし、

ぶっちゃけ無くても困らない人間関係なのだ。 

こんな私でも今は仲良しの友達もいるし、仲間もいる。

(↑大人になってから出会った人ね)

 

たとえ小、中、高と学校で人気者の子でも、

同級生で、一生付き合える志を同じくする仲間に出会えるのは極々少数だと思う。

 

社会に出れば、自分で環境を選んで、

いろんな人たちに出会う。

その度に、過去の人間関係を卒業していくのだ。

(友達をやめる という意味じゃなく、一緒にいる人の

  時間配分と会う頻度が変わるということ)

 

だから、今置かれている環境や人間関係がすべてじゃない。

自殺を考えるくらい苦しかったら、

逃げたって構わないし、

誰かに助けを求めても、全然問題ないし、大丈夫‼︎

 

学校へ行って死にそうな顔してるよりも、

図書館とか行って、幸せそうな顔してる方が、

ステキな人と巡り会える人間になれるはず‼︎

 

私も笑顔を心がけて、ステキな人に目を向けて、

ステキな仲間を作っていこう!!( ・ㅂ・)و ̑̑

 

人間関係をリセットして自由になる心理学 (詩想社新書)

人間関係をリセットして自由になる心理学 (詩想社新書)

 

 

 

 

<